滋賀県 信楽焼観光

ダウンロード
有名な「信楽焼のたぬき」は

滋賀県の信楽にて、たくさん見ることができます。

ユーモラスなたぬきの置物でおなじみの信楽。

陶器の街で、自分このみの器をさがす旅はいかがでしょうか。

近年は、若手の作家さんのギャラリーや

窯元直営のカフェなどがオープンし、以前よりも

さらに、町歩きが楽しくなっていると注目されています。

注目の作家兄弟のギャラリー「文五郎倉庫」は

大物ロクロの作家で 伝統工芸士の奥田文悟さんと

弟の章さんによるショップ兼ギャラリー。

使い勝手が抜群な器は 一生ものだと定評があり

飽きのこないデザインも人気のようです。

2通りの使い方ができる リバーシブル角盛り皿はおすすめの人気商品だとか。

歴史ある明山窯の作業場が、カフェ&ギャラリーとして生まれ変わったそうです。

「オオガマ」

目印は大きな大きな登り窯

伝統的な作品から コラボ商品までさまざまな器が揃っています。

カフェでのんびりお茶をした後に、ギャラリーでショッピング

というような過ごし方ができます。

やさしい色使いが人気のお店

「ボタリーショップ そら」

料理が映える色にこだわった器が好評のようです。

やさしい色使いが特徴。自分用にはもちろん、おみやげや

ちょっとしたギフトにも人気だとか。

店内にならぶ作品は 頻繁に入れ替わるので

お気に入りはすぐの購入がおすすめのようです。

週に1度だけのオープンのお店「器のしごと」

アンティーク風のお皿や、土の質感を生かした味わいのある作品に

出会うことができます。

手になじみやすいフォルムが特徴になっているそうです。

信楽の街を散歩しながら 名品さがしいかがでしょうか。

この記事のトラックバックURL

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*