京都の本屋さん

ダウンロード
京都にはたくさんの本屋さんがあることでも有名です。

街中にある大きな本屋さんだけでなく

専門書を扱うお店や、読書をしながらお茶をすることができる喫茶店など

さまざまな本屋がさんがそろっているのが特徴になっています。

日本の出版業界発祥の地ともいわれている京都。

平安時代には寺院で数々の仏教経典が印刷されていたといわれており

江戸時代にはほんの出版が最も盛んだったのは京都だったそうです。

仏教書から和歌 浮世絵絵本 名所案内など多彩な本が出版されていたとか。

明治以降教科書の出版も盛んになり、社会科学系の分野や

人文系の学術書などの普及も目立ってきたそうです。

戦後、京都では続々と新しい出版社が生まれ 出版不況が叫ばれる現代でも

京都市内にある出版社は100社をこえていると言われています。

専門性が高く、多岐にわたる分野がそろっているのが特徴です。

見たことがない本ばかり! ちょっと気になる本

などがそろっているのが「ガケ書房」

思いがけない本との出会いにを求めて訪れる人が多いようです。

文芸書が中心の「古書 善行堂」には、遠路はるばる訪れる人の姿があるとか。

本だけでなく雑貨などの販売もしている「恵文社 一乗寺店」

リラックスした気分で好みの一冊を探すことができるようです。

サブカル濃いめの「萩書房」

クラシカルな名物書店「三月書房」

建築専門書店「大龍堂書店」

美術 デザイン書の専門店「MEDIA SHOP」など

さまざまなジャンルの本屋さんある京都。

お気に入りの本屋さんに出会えるといいですね。

この記事のトラックバックURL

コメント(1件)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*