福島県観光【大内宿】

SnapCrab_NoName_2013-6-10_18-11-15_No-00

福島県南会津地域にある有名観光スポット「大内宿」

観光客でにぎわう大内宿は、国選定重要伝統的建造物群保存地区として

昭和56年に指定された場所になっています。

大内宿は、会津城下と日光今市を結ぶ、32里の区間のなかで

2番目の宿駅として1640年ころに整備された宿場町といわれているそうです。

年間120万人の観光客が訪れる大内宿では

もともと農業をしていたほとんどのお家で、お土産やお蕎麦屋などのお店を行っているそうです。

現在は、大切な村や宿場の景観を守っていくために

売らない 貸さない 壊さないの三原則とともに 伝統的な技術の習得に取り組んでいるそうです。

日中に多くの観光客が訪れる大内宿ですが

実は夜に訪れてみるのもおすすめのようです。

幻想的な雰囲気に魅了されリピーターも多いとか。

時期によっては たくさんのホタルの鑑賞、満点の星空、月夜と大内宿

お祭りイベント盆踊りにも参加できるようです。

半夏祭りや 雪まつりの時期もおすすめになっています。

大内宿には、有名なネギ蕎麦が食べられる食事処をはじめ

おもち お団子などがいただける休憩スポット、お土産屋さんなどが並んでいます。

そのお店でしか買えないオリジナルの物もあり、1軒1軒のんびりまわってみるのも

いいかもしれません。