大阪 富田林雑貨屋 カフェ

SnapCrab_NoName_2013-6-4_16-16-31_No-00

大阪市内からたったの1時間弱の富田林にある寺内町は

歴史ある建物がまるごと残っている地域です。

近年は、雑貨屋やカフェがオープンし 若い世代を中心に注目のスポット

になっているそうです。

旧家を利用した雑貨屋やカフェが多いのが特徴。

昔とはまたひとあじ違った雰囲気を感じることができるようです。

江戸時代の商家から、昭和築の建物とさまざま。

多くの貴重な建物が残っているといわれています。

愛犬と一緒に入店できると好評の雑貨屋「手仕事と雑貨23番地」では

かわいい犬用の小物類をはじめ、センスあるアジアン雑貨や

いろいろな種類の雑貨に出会うことができるそうです。

あたたかさが伝わる手仕事の物から、普段使いできる物や

一生ものの雑貨などが並んでいます。

すこし変わった店名の由来は、開業地の住所から取ったそうです。

店主が ヨーロッパの蚤の市で選んできたセレクトショップ「たびもぐらカフェ」では

ユニークな絵柄や色遣いの雑貨と出会うことができるそうです。

日本ではあまり見かけないものに心惹かれる人も多いとか。

古民家をリノベーションした店内には、たくさんの雑貨が並んでいます。

カフェでお茶しながら雑貨も見ることができるのが人気なようです。

築130年の住宅を利用した雑貨屋「寺内町CLASSICO」では

素朴な質感が生かされた雑貨屋小物が販売しています。

情緒ある店内はのカフェでは 週替わりのケーキとドリンクのセットがいただけるそうです。

居心地がいいカフェとして好評のようです。

知る人ぞ知る富田林のカフェや雑貨屋さんいかがでしょうか。