大阪堺 注染てぬぐい【にじゆら】

SnapCrab_NoName_2013-4-15_10-25-3_No-00

明治時代に大阪堺で生まれた伝統技法「注染」

染料をそそぎ、いちどに20枚~30枚染めることのできる注染は

1枚の布をジャバラ上に重ね合わせ、表と裏の両方から2度染めていくことから

きれいに染まるのが特徴といわれています。

多くの工程を職人が ひとつひとつ手作業で行うため、同じものは存在しません。

繊細でやさしいぼかしや にじみの風合いが、注染の魅力。

そんな昔ながらの染め技法を、今の時代にそぐう形で伝えたいという

思いからうまれたのが てぬぐいのブランド「にじゆら」

堺の注染工場「ナカニ」で生まれたにじゆらは、若い作家さんと

優秀な職人さんとで作りあげた てぬぐいを販売しています。

にじゆらのてぬぐいの素材は、細めの糸で緻密に織ったものを使用しているため

しっとりとした手になじむ感じが特徴。

乾きが早く、清潔につかえること。いざというときの包帯代わりにもなるにじゆらのてぬぐいは

端が切りっぱなしになっていることが特徴のようです。

普段の生活になじむてぬぐい「にじゆら」は

若い世代を中心に徐々に人気がでてきており、大阪の本店をはじめ

京都(2店舗) 神戸にも店舗を拡大しています。

また、和雑貨をあつかうお店や セレクトショップなどでも

目にすることが増えてきているそうです。

日本の伝統を 時代に合わせた方法で守り続けている

堺の注染てぬぐい「にじゆら」

手ぬぐいのある暮らし注目です。