会津観光スポット【末廣酒造】

SnapCrab_NoName_2013-4-12_14-44-44_No-00

街歩きの途中でふと寄れる 便利な立地にある

本格的な酒造。

趣のある木戸をくぐりぬけてエントランスに入ると、日本建築ではありえないほどの

高い吹き抜けがあるホールがあります。

重厚感のある建物は、会津の観光スポットとして人気の

「末廣酒造」

お酒が飲めない人も ぜひ!訪れたい場所のひとつです。

無料の見学コースを楽しむことができます。

日本酒の酒造全般についてわかりやすく説明してくれる仕込み蔵からスタートし

酒米の説明、釜場、古酒蔵、展示室へと続きます。

そして、2階の大広間やコンサートホール(ジャズが多いそうです)へと案内されます。

末廣酒造の創業は 江戸幕府も末期となる1850年。

地元の農家によって契約栽培された 原料米を使用し

「米」「水」「人」と会津にこだわって酒造りをしているそうです。

末廣酒造には、会津が誇る野口英世が父と仰いだ小林栄の嫁ぎ先でもあったため

英世の母がたびたび訪ねてきていたとのこと。

その頃の囲炉裏がホールに残っているそうです。

酒造見学の最後は、試飲をしながらお土産選びをすることができます。

プロに自分好みの味を探してもらうことができると好評のようです。

また、4つある蔵のなかで最も古い蔵を改装したカフェ「杏」では

仕込み水でいれたおいしいコーヒーや

大吟醸を使ったシフォンケーキを落ち着いた雰囲気でいただくことができます。

会津に来た際は、ぜひ訪れたい場所のひとつではないでしょうか。