伊豆観光名所 松崎町花畑

SnapCrab_NoName_2013-5-14_18-15-46_No-00

西伊豆の観光スポット松崎町では 3月~5月上旬にかけて

町のあちこちでたくさんの花を観賞することができます。

春の訪れを感じようと 多くの観光客が訪れるそうです。

豊かな自然と伝統的な街並みで知られる松崎町は、西伊豆で一番の

花の里ともいわれているようです。

32年前から、松崎町では「花いっぱい運動」がはじまりました。

豊かな自然環境や農村風景を大切に守っていこうという思いからスタートしたそうです。

このプロジェクトの目玉が「田んぼを使った花畑」です。

那賀バイパス沿いの田んぼに アフリカキンセンカ ワイルドフラワーなどの

6種類の野の花が次々に開花していきます。

約5万2千㎡もの花のじゅうたんはとても開放的で、期間中は天然温泉を引いた

足湯につかりながらのんびり花見をすることができるそうです。

また4月上旬には、那賀川沿いで6キロにわたる桜並木の見ごろも迎えるようです。

一面オレンジと黄色の花畑を鑑賞した後は、素材にこだわった和菓子をいただくのはいかがでしょうか。

「小泉商店」では、さくら葉餅が名物になっています。

桜餅に使用する桜葉の生産が 全国の7割を占めている松崎町ならではの

スイーツのようです。桜葉を生かしたカステラも好評だとか。

松崎町を代表する景観「なまこ壁」もおすすめの立ち寄りスポットになっているようです。

昔ながらの風景と自然が満喫できる松崎町。

春の時期は特におすすめのようですね。