三重県伊勢市【伊勢神宮パワースポット】

SnapCrab_NoName_2013-6-17_15-13-56_No-00

年間多くの観光客でにぎわう三重県伊勢市にある「伊勢神宮」

「伊勢神宮」は、いにしえの時代から人々に慕われる日本人のこころのふるさとです。

昨今、心とからだを癒すパワーに満ち溢れているということから

パワースポットとして大人気の観光地になっています。

伊勢神宮では年間1500以上もの祭事が行われており、今年は、最も大きな祭事である

「式年遷宮」が行われる年でもあります。

20年に一度、神宮の社殿を新しく整えて御神体を遷し、殿内の御装束や宝物を新調します。

1300年前に始まって以来、古式のままに続いているそうです。

伊勢神宮では 神様にお供えするお米や野菜、塩などを職員の人々が手作りしているそうです。

檜の直林もしており、式年遷宮で一部使われるそうです。

いちど解体された木材も 他の神社の建て替えや、災害復旧時のために使われ

大事に再利用されるとのこと。

神を尊い 自然との関わりを大切にする 古き良き日本人の心がそのまま

残されている場所。

日本人のあこがれの聖地「伊勢神宮」を歩いていると、心が穏やかなパワーで

満ちてくるともいわれています。

古くから「お伊勢さん」と親しみをこめて呼ばれている伊勢神宮は

天照大御神を祀る内宮と、衣食住の守り神である豊受大御神を祀る外宮を

はじめとする125の宮社の総称。

日本各地にある神社の本宗とされています。

この記事のトラックバックURL

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*